コンスタントに案件を獲得する方法

フリーランスエンジニアにとって一番の心配は、やはり安定した収入を獲得できるかどうかでしょう。仕事を獲得できなければ収入はゼロになるため、コンスタントに案件を獲得できるかが、収入安定の鍵になります。
では、フリーランスエンジニアは、どのようにすればコンスタントに案件を得られるのでしょうか。

まず一番手っ取り早いのは、これまでの人脈を活かした案件獲得です。会社員時代の取引先や知人など、自分の能力を知っている相手であれば、受注につながりやすいです。
地道に人脈を広げておけば、案件獲得のチャンスは増えるため、セミナーなどに積極的に参加しておくといいでしょう。

次におすすめの方法は、エージェントの活用です。
エージェントに登録しておけば、希望やスキルに合った案件を紹介してもらえます。営業が苦手な人は、エージェントを活用してみましょう。待遇交渉や各種手続きなども代行してもらえるため、時間の有効活用にもつながります。
特にフリーランスエンジニアに特化したエージェントであれば、ITに関する専門的かつ細かい部分も理解してもらえます。そのため、より自分に合った案件を紹介してもらえるでしょう。

まだフリーランスになったばかりの頃であれば、クラウドソーシングを使うのも手です。インターネット環境さえ整っていれば、自身のスキルで対応可能な案件に応募できます。
単純な仕事の場合は単価が低いものが多いですが、経験を積んで実力が認められれば、高単価の案件も受注できるようになるでしょう。

収入が安定すれば、心身に大きな余裕ができます。そうすれば、フリーランスエンジニアとして、より自分のやりたい仕事に取り組めるようになるでしょう。